知っておくべき、切手を高く買い取ってもらうコツ!

1枚よりもシートが人気

使わない切手を金券ショップなどで買い取ってもらう時に出来るだけ値を下げたくないものです。そのためにはまずは高く買い取ってももらうお店をリサーチする事です。これは基本中の基本ですね。面倒でもこれだけはやりましょう。

切手は1枚から買い取ってもらえます。しかし同じ値段の切手なのにシートで持ち込んだ方が1枚の単価が数円高くなることがあります。なぜかと言うと、買い取るお店もそこで売るために買い取るので少しでも多くの人に売り渡せるシートの方が便利なのです。そしてシートじゃないと買いたくない人もいるので少数購入の人よりも買ってもらえる率が上がるのです。

個人でお手紙を出す機会は少なくなったのかもしれませんが、会社や企業など多くの郵便物を出す所もあるので郵便局よりも安く切手が手に入る金券ショプで切手を購入して経費削減に努めているのです。

価格に差が付く目打ちとは

金券ショップでは切手を1枚単位でも買い取ってくれます。しかし傷みが激しいと買い取りを断られてしまいます。
切手が切れて一部無くなっている場合は売り物にならないことがあります。裏ののりがついていない切手も価値が大きく下がります。

切手の周りのギザギザを目打ちと言うのですが、この目打ちは切手の価値を左右させます。目打ちがきれいに残っていると切手が高く売れることがあるので長期間切手を保管する場合は隅々にまで気をつかって目打ちをきれいに残しましょう。目打ちが無くなっている切手は買い取りをしていないお店もあるほど重要なのです。シートのままの切手なら当然目打ちもきれいに残りますし、切手の種類によっては綺麗に保管された切手シートは価格が上がる場合があるのです。

© Copyright Ideal Stamp Shop. All Rights Reserved.